アイテック電子研究所 6m QRP SSB トランシーバー(TRX-602)

1999.11.25 新規作成 / 2018.03.18 更新

◎はじめに
 アイテック電子研究所で発売されている6m QRP SSBトランシーバーです。パーツ、穴あけ加工済みのケースがそろっているキットです。
 6m SSBトランシーバーとしては本格的なキットということもあり、製作されている方も多かったようで、AGCの効きが良くないなど若干の癖があるとのレポートがありました。
 今回、これらの点が気になったことと、当局の製作したJR8DAG-9と比較してみたいこともあって、キットを購入しました。

◎TRX-602の特徴
(1) Esの交信が楽しめる6m QRP SSBトランシーバーのキット
(2) 交信を楽しめるための受信性能(感度、選択度、周波数安定度)および、送信の電波の質を確保。
(3) 受信は中間周波数11.272MHzのシングルスーパーヘテロダイン方式。送信は平衡変調方式。終段は2SC2086を使用し出力400mW。
(4) 局部発振回路は可変水晶発振(VXO)方式で、50.150〜50.240MHzが運用可能。
(5) キットの部品は製作ステップごとに分かれていて、部品の取り付け間違いがないように工夫し、再現性を確保。
(6) 丈夫な黒の塗装、白文字の入ったパネルなど、長く使える良好なデザイン。大きさ 122(幅)×200(奥行)×53(高さ)(mm)。重量は電池込みで860(g)

◎使用感(2018.03.18現在)
 2018年3月現在、1〜6,8,9エリア、JD1(小笠原)、韓国の196局と交信できています。受信はJR8DAG-9JR8DAG-208SSBと比べると少しひずむ傾向がありますが、感度はやや良いと思います。選択度はメーカ機と同じで良好です。周波数安定度は電源ONから10分程度は動くので、あらかじめ電源を入れておくようにしています。送信の音質は大きく歪むこともなく良好でした。周波数可変範囲は約90kHzと少し狭いですが、6m SSBを楽しめる基本性能は十分にあると思います。

◎備考
 TRX-602は通信販売にて購入しましたが、2002年12月号のCQ誌の広告によると製造が完了し、手に入らなくなった模様です。SN16913Pや水晶フィルターの製造中止が原因かと思います。

JR8DAG/菅野 正人(KANNO Masato)

TOPページへ(Back to TOP)

 【コンテンツ】

 製作の経過(2012.05.23現在)

【更新情報】
2018.03.18 外観の写真を差し換えました。
背面の様子の写真を追加しました。
使用感の記述を更新しました。
2012.06.03 トップページを変更しました。
これまでトップページに掲載していた製作の経過のページを作成し直しました。
外観および内部写真を差し替えました(従来のものより高解像度化)。
1999.11.25 ホームページを新規作成

クリックすると拡大画像を表示します(約92kB)
外観の写真(撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintGraphic3)

クリックすると拡大画像を表示します(約67kB)
背面の様子(撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintGraphic3)
内径2.1mmDCジャックに変更しています。

内部の様子(撮影:CANON EOS Kiss X4 画像編集:PaintShopPro6J)

【主な定格(説明書に記載のもの)】
[一般仕様]
送受信周波数 50.150〜50.240MHz
電波型式 J3E(SSB)
定格電圧 DC 12〜13.8V
消費電流 受信無信号時 130mA
送信時最大時 230mA
外形寸法 122(W)×200(D)×53(H)(mm)
重  量 860g
[送信部]
送信出力 500mW
変調方式 平衡変調
不要輻射 -60dB以下
キャリアサプレッション -40〜-50dB
[受信部]
受信方式 シングルスーパーへテロダイン方式
受信感度 0.1μVの信号を受信可能
選択度 ±1.1kHz以上(-6dB)