6m QRP SSB/CW/AM Transceiver(JR8DAG-9)

1998.01.01新規作成/2010.11.11更新
QRPハンドブック掲載

 ◎はじめに
 この作品はできるだけ簡単な回路で50MHzのSSB/CWをQRPで自在に運用することを考えて製作しました。また、当局はAMをよく運用するので、AM(H3E)もだせるようにしました。

 ◎本機の特徴
(1) 周波数50MHz モ−ドSSB(J3E),CW(A1A),AM(H3E) 出力200(mW)(但しH3Eは50mW)。
(2) 受信部は高1中2のシングル・ス−パ−・ヘテロダイン方式、送信部はDBM用ICによる平衡変調方式。
(3) 周波数可変は安定度の高いVXOを使用し、約100kHzを可変。さらに、VXOを2チャンネルにして合計200kHz幅を可変。
(4) 受信部の周波数変換に2SK241を2個使用した平衡型ミキサ−により、混変調妨害、相互変調妨害に対する特性を高めた。
(5) 選択度を決めるフィルタ−に(株)ミズホ通信のピコシリ−ズで使用されているX'talフィルタ−を使用し、小型化を図った。
(6) AGCは増幅型を採用し、強入力に対する特性の向上を図った。
(7) 送信部の平衡変調回路に外付け回路の少ないSN16913Pを使用し、回路の簡略化を図った。
(8) 送信部は、周波数変換に平衡型のIC(SN16913P)を使用することで近接スプリアスを抑圧している。
(9) 終段に2SC2053を使用した広帯域アンプを使用し入力400(mW)。さらに、出力にT型同調フィルタ−を入れ、第2次高調波以下のスプリアス対策とした。
(10)送受の切り換えには安定性の高いリレ−を使用。さらにリレ−は低消費電力のものを使用し、消費電力の低減を図った。
(11)簡易的にAMが出せるように、簡単な回路を付加した。
(12)大きさは持ち運びがしやすい140(W)×50(H)×140(D)(単位(mm))、重量660(g)、単3電池6本を内蔵。

 ◎使用感
 受信感度はメーカー製のリグに比べて若干落ちる程度で、出力200(mW)の送信部に対して十分な感度があると思います。送信の音質についてもQSOをしていて特に問題もなく、良好であると思います。
 交信実績は、10年以上の運用で国内は全エリアと数百局、海外はHLとQSOできました。また、AM(H3E)でも運用を行い、その実用性を確認しています。常置場所のアンテナは20mHの8エレ八木ですが、100(mW)あれば年間に数百局とのQSOは十分に可能であると思います。

回路図はこちらです(2004.10.17現在)(Circuit)(約80kB)

回路設計の考え方(2004.06.21)

スプリアス測定結果(2004.11.12,約82kB)
TOPページへ(Back to index)

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masato)

◎更新情報
2010.11.11 系統図および定格を追加しました。
2004.11.12 スプリアス特性の測定結果を掲載しました。
2004.10.17 SSBジェネレータのマイクアンプ入力回路を変更しました。マイク入力調整用のボリュームは使用していなかったので削除しました。
その他、周辺の回路定数も一部変更しました。
2004.06.21 回路設計の考え方のページを作成しました。
2004.06.09 内部写真を追加しました。
2004.04.30 受信時にボリュームを上げたときの発振防止のため、低周波増幅回路(2SC945)エミッタ抵抗を47Ω → 100Ω、低周波電力増幅回路(LM386N)のデカップリンクコンデンサ100μF → 220μFに変更しました。
2004.04.30 VXOの異常発振防止のためVXOコイルと並列に47kΩを追加しました。
2003.10.26 終段の出力トランスを4:1から9:4に変更し、出力を150mWから200mWにしました。
2003.08.16 受信感度の向上のため2SK241のソース抵抗の定数を変更しました。RF-AMP 100Ω → 47Ω。IF-AMP 47Ω → 22Ω
受信感度については信号が弱いときに音がとたんに小さくなると言うことがあり、全体のゲインアップとAGC回路の定数変更を行いました。
2003.08.16 AGCの時定数変更のためAGCラインのコンデンサを1μF → 10μFに変更しました。
2003.08.16 LEDインジケータの点灯ポイントの修正するため一部回路を修正しました。LED点灯ポイントはQRPでQSOできるかどうかの目安として設定していましたが、これまでの運用では点灯していなくても交信できることが多かったため回路を修正しました。


外観の様子 外観(exterior)
クリックすると拡大画像を表示します(約193kB) 内部の様子(interior)
上面から
クリックすると拡大画像を表示します(約149kB) 内部の様子(interior)
下面から
撮影:CANON EOS 10D、画像加工:PaintShopPro6J
クリックすると拡大画像を表示します
本作品の系統図


【JR8DAG-9の定格】
[共 通]
周波数 50MHz
電波型式 SSB(J3E)
使用半導体 4IC 14TR 9FET 20Di
電源電圧 DC 9.0(V)(標準)
消費電流
受信無信号時 60(mA)
送信最大時 130(mA)
空中線インピ-イダンス 50(Ω)
外形寸法 140(幅)×50(高さ)×140(奥行)
( 単位 mm , 突起物を含まず)
重量 660(g)(単4NiMHニッケル水素電池8本込み)
局発発振方式 可変水晶発振
発振周波数 38.800〜39.050MHz
[送信部]
終段入力 9.0(V)× 50(mA) ≒ 450(mW)
出力 200(mW)
終段石 2SC2053
不要輻射 -40(dB)以下
変調方式 平衡変調
[受信部]
受信方式 シングルスーパーヘテロダイン方式
中間周波数 11.272MHz
受信感度 0dB(uV)程度 (S/N 10dB)
選択度 ±1.1kHz(-6dB),±2.4kHz(-60dB)程度


◎コンテストでの入賞歴
2007.10.06 第28回全市全郡コンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位
2007.04.28 第49回ALL JAコンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位
2006.10.07 第27回全市全郡コンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位
2006.04.28 第48回ALL JAコンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位
2003.10.11 第24回全市全郡コンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位
2003.04.28 第45回ALL JAコンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位
2002.10.12 第23回全市全郡コンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位
2002.04.28 第44回ALL JAコンテスト電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP北海道1位