木製ケースの6m QRP AM トランシーバー(JR8DAG-6AM2020W)

2019.05.07 新規作成 /2019.11.11更新
ハムフェア2019自作品コンテスト規定部門優秀賞第三席

Tweet

 ◎はじめに
 本作品は外観に木製のケースを使用した暖かみのある質感の 6m QRP AMトランシーバーです。木製ケースの無線機は極めて少ないことも本作品を製作する動機となりました。2020年以降の6mAM運用において主力機として使用する木製ケースの6mAMトランシーバーと言う意味で「JR8DAG-6AM20202W」という名称を付けました。本作品はハムフェア2019自作品コンテストに出品し規定部門優秀賞第三席に入賞することができました。

 ◎本作品の主な特徴
(1) ケースに木材を使用した暖かみのある質感の6m QRP AMトランシーバー.
(2) 周波数可変トランシーブトランシーバーで、50.480〜50.650MHzを運用可能.
(3) 快適な6m QRP AM運用が可能な性能を確保しつつ、安定性を重視した回路設計、メンテナンスが行いやすい構造を採用.
(4) 受信部はIF(10.700MHz) に6素子のラダー型水晶フィルターを使ったシングルスーパーヘテロダイン方式.
(5) 送信部は終段に2SC2086を使い出力200(mW).変調方式は終段コレクタ変調.
(6) 周波数構成の検討やコイルの使い方を工夫し、必要なスプリアス特性を確保.
(7) 大きさは幅200mm×高さ70mm×奥行150mm.交換が容易な電源を内蔵.重さは電池込みで約1,020g.

 ◎製作にあたって工夫したこと
(1) 木材は薄いながらもある程度の強度があって狂いが少なく、綺麗な木目を持つシナノキの合板(厚さ4mm)を使用しました。周波数や音量ダイヤルも木製としました。
(2) 外観の見栄えの良さ、使い勝手の良さ、メンテナンスをしやすさを両立するために、部品の実装方法を工夫しました。
(3) 電池交換や回路のメンテナンスが行いやすいように、ネジ1本をはずすと操作パネルや基板等の内部を引き出せるようにしました。

 ◎使用感など
 2020年5月から運用を開始し、2019年11月5日時点で1,2,6,8,9エリアの31局と交信し、Es伝搬による1,000kmを超える交信もできました。受信は感度、選択度、安定度などの基本性能はメーカー機に若干劣る程度でAM交信には十分な性能があること、送信の音質は交信した局から変調が十分にかかっており良好であるとのレポートをいただきました。本作品は受信性能や送信音質については必要なレベルを確保し、周波数もAMで主に使用される範囲をカバーしており6mAMをQRPで自在に楽しめる送受信性能があると考えます。

 ◎本作品に関する動画を作成
 本作品の動画を作成し、ニコニコ動画にアップしました。リンクは以下のとおりです。
木製ケースの6m QRP AM トランシーバー(JR8DAG-6AM2020W)(2019.11.11)
木製ケースの6m QRP AMトランシーバー(JR8DAG-6AM2020W)(予告編) - ニコニコ動画(く)
【特報】謎の木箱、その正体は?(2019.05.05) - ニコニコ動画 (く)

JR8DAG/菅野 正人(KANNO Masato)

TOPページへ(Back to index)

【コンテンツ】

回路図はこちらです(2019.10.05現在 , circuit , 約77kB)

回路設計の考え方(2019.08.21)

外観の写真(2019.08.11)

内部の様子(2019.11.06)

製作の経過(2019.10.25)

出品にあたって考えたこと(2019.08.31)

自作品コンテスト提出書類(2019.07.28,PDF形式)

自作品コンテスト展示用説明文(2019.07.28,PDF形式,約271kB)

自作品コンテストにおける動作試験測定データ(2019.09.24,約156kB)

スペクトラムアナライザの計測結果(2019.10.25,約94B)

自作品コンテスト賞状(2019.09.13,約96kB)

入賞カップと並べた写真(2019.09.13,約215kB)


【更新情報】

更新情報 は最下段にあります。
クリックすると拡大画像を表示します(約151kB) 外観の写真(exterior)
(大きさ size 200mm×70mm×150mm)
撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します(約396kB) 内部の写真(Interior)
(後方上部に単3ニッケル水素電池を内蔵しています)
撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します
本作品の系統図

【本作品の定格】
[共 通]
周波数 50MHz
電波型式 AM(A3E)
使用半導体 2IC 8TR 10FET 18Di
電源電圧 DC 12.0〜13.8(V)(標準)
消費電流
受信無信号時 50(mA)(周波数カウンターOFF)
105(mA))(周波数カウンターON)
送信無変調時 60(mA))(周波数カウンターOFF)
送信最大時 140(mA))(周波数カウンターOFF)
空中線インピ-イダンス 50(Ω)
外形寸法 200(幅)×70(高さ)×150(奥行)
(単位 mm , 突起物を含まず)
重量 1,020(g)単3ニッケル水素電池10本込み)
局発発振方式 可変水晶発振
発振周波数 39.780〜39.950MHz
[送信部]
終段入力 12.0(V)× 35(mA) ≒ 400(mW)
出力 200(mW)
終段石 2SC2086
不要輻射 -50(dB)以下
変調方式 終段コレクタ変調
[受信部]
受信方式 シングルスーパーヘテロダイン方式
中間周波数 10.700MHz
受信感度 0dB(uV)程度 (S/N 10dB)
選択度 ±2kHz(-6dB),±4kHz(-40dB)

【更新情報】
2019.11.11 本作品の概要動画を作成しニコニコ動画に投稿
2019.11.06 使用感の記述を更新
内部の様子の写真を1枚差し換え
2019.10.25 スペクトラムアナライザの計測結果を掲載
2019.10.15 回路図を変更
 原因不明の出力低下(200mW→30〜50mW)とあわせてスプリアス特性が悪化したため、VXO発振の出力を大きくするための回路修正を実施
 ・出力を増加させるためTr201(2SC1815GR)のベース抵抗220kΩ → 100kΩ
 ・発振を安定させるため、Q201(2SK241Y)のソース抵抗47Ω→100Ω
 ・発振を安定させるためL5(VXOコイル)の巻き数40回 → 35回、並列に接続しているコンデンサ 1pF → 3pF
 ・送信部周波数変換回路への入力を増やすため、R5(ソースへの入力制限抵抗) 100Ω → 47Ω
2019.10.05 製作の経過のページを掲載
2019.09.24 自作品コンテストの動作試験の計測データを掲載
2019.09.13 自作品コンテスト賞状、入賞カップと並べた写真を掲載
2019.08.31 出品にあたって考えたことのページを掲載
2019.08.21 内部の写真を1枚追加、回路設計の考え方のページを更新
2019.08.11 外観の写真を1枚追加、内部の様子の写真2枚を新規掲載
2019.08.01 ハムフェア2019自作品コンテストの展示予告動画を作成しニコニコ動画に投稿
2019.07.28 ハムフェア2019自作品コンテスト提出書類、展示用説明文を掲載
2019.07.21 外観の写真を1枚追加
2019.07.11 外観の写真を2枚新規に掲載
2019.07.01 回路設計の考え方のページを掲載
2019.06.21 製作にあたって工夫したことを追加
2019.06.10 使用感などの記述を更新
2019.05.28 使用感などの記述を追加
2019.05.19 回路図を変更
 受信部の音質改善のため低周波増幅の出力コンデンサ(C2)を0.047μFから0.022μFに変更
2019.05.07 ホームページ作成(暫定公開)
回路図のページを作成
予告編動画(特報)を作成