ミズホ通信 AM-6X(ピコ6AM)

2007.08.13新規作成 / 2016.03.19更新

◎AM-6X(ピコ6AM)について
 AM-6Xは1984年、ミズホ通信で発売された6m QRP AMハンディトランシーバーで、ピコ6AMという愛称で呼ばれていました。完成品のみの販売で定価は19,800円(税別)でしたが、1986年のハムフェアのミズホ通信ブースで完全バラキットが5,000円で売られていました。このバラキットを組み立てたのがこのページに紹介しているピコ6AMです。
 ピコ6AMは送信が固定周波数の2チャンネル(当局使用のものは50.620MHz,50,550MHzを実装)で出力250mW、受信は中間周波数455KHzのシングルスーパーヘテロダイン方式で50.500〜50.700MHzが受信可能でした。

◎受信部にセラミックフィルターを実装
 受信の選択度を改善するため、セラミックフィルターを実装する改造を行いました。使用したセラミックフィルターはCFU-455H(-6dB帯域約6kHz)です。左下の空いているスペースに実装することが可能です。強力な信号には対処しきれませんが、選択度はかなり改善されました。

◎使用感など
 Micro6AM2002に比べて送信周波数が2波固定であることや、強い信号による感度抑圧を受けやすいことが弱点ですが、2011年8月現在、このピコ6AMで全エリアの37局と交信できています。また、北海道外の移動運用にも使用し7局と交信できています。2011年6月11日〜6月12日に行われたミズホ ピコトランシーバ30周年記念QSOパーティに本作品で参加し、 ミズホピコトランシーバ部門50MHz電話(AM-6X)1位に入賞できました。

◎本作品の概要動画を作成しました。
 本作品の概要動画を作成し、ニコニコ動画にアップしました。リンクは以下のとおりです。
 

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masto)
TOPページへ(Back to index)

【コンテンツ】

スペクトラムアナライザの計測結果(2014.07.04,約94kB)

【ピコ6AMの詳細な資料に関するリンク】
 ピコ6AMの詳細については7K1EEB局のホームページにある以下のサイトが詳しいのでリンクを掲載します。ピコ6AMの他、ミズホ通信のピコシリーズの回路図や説明書のダウンロードが可能です。

 ミズホ通信 AM-6X 6m AM QRP TRANSCEIVER AM-6X
 (7K1EEB局のホームページ)

◎コンテスト入賞歴等
・2011.06.11-06.12 ミズホ ピコトランシーバ30周年記念QSOパーティ ミズホピコトランシーバ部門50MHz電話(AM-6X)1位


【更新情報】
2016.03.19 ニコニコ動画に概要動画をアップロード
2015.05.02 系統図を追加。
トップページの記述を変更
2014.07.04 スペクトラムアナライザの計測結果を掲載
2011.08.22 ホームページの記述追加
コンテスト入賞歴追加
2007.08.13 ホームページ新規作成


ピコ6AMの外観
ピコ6AMの外観.他のピコシリーズと違って白と緑を基調とした色使いとなっている.
撮影:CANON EOS Kiss Digital N 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します(約159kB)
内部の様子.電池は単3×4本.
撮影:CANON EOS Kiss Digital N 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します(約198kB)
電池ケースをよけたところ.1枚の基板でトランシーバーを構成している.
選択度改善のためセラミックフィルターを実装する改造を行っている.
撮影:CANON EOS Kiss Digital N 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します
 ピコ6AMの系統図