3石 6m QRP DSBトランシーバー(3TRX-6DSB2020)

2021.03.03新規作成 / 2022.06.08更新

Tweet

 ◎はじめに
 本作品は、トランジスタを3個のみ使用して製作した6m(50MHz) QRP DSBトランシーバーです。約30年前、トランジスタ3個のみ使用して製作したトランシーバーを使用して交信局数を競うコンテストがFCZ誌にて行われました。そのコンテストに参加するために製作したトランシーバー(3TRX-1)では悪戦苦闘しながらも25局と交信できましたが、実用的に多くの局と交信できる送受信性能は確保できませんでした。その後は使用せずに20年以上放置されていましたが、ニコニコ動画への投稿した概要動画への反響をきっかけに、約30年の時を経て新たな3石トランシーバーを製作し、日本国内の全エリア100局以上と交信することを目指しました。本作品は2020年に製作したトランジスタ3個の6mDSBトランシーバーという意味で「3TRX-6DSB2020」と命名しました。

 ◎本作品の特徴
(1)能動素子にトランジスタ(FETを含む)を3個のみ使用した、50MHz帯 QRP DSB(抑圧搬送波両側波帯)トランシーバー。
(2)回路設計にあたり、素子の選定、送受信回路の共通化、増幅回路の利得確保などの工夫を行い、50MHz QRP DSB運用を行うための送受信性能を確保。
(3)周波数はEs伝搬を利用した遠距離交信が楽しめる50MHz。電波型式はSSB局と交信ができるDSB(抑圧搬送波両測波帯)。受信はダイレクトコンバージョン方式、送信は平衡変調で出力50mW。周波数可変トランシーブトランシーバーであり、50.150〜50.450MHzを運用可能。

 ◎本作品の概要
 本作品の系統図を下に示します。送受共に同じ回路を動作させており、送受の状態に合わせてリレ−を切り換えています。送受共に同じ回路を動作させているので電源の切換はありません。受信時はダイレクトコンバ−ジョン方式の受信機として働き、送信時は平衡変調方式のDSB送信機として動作します。

 ◎3TRX-1からの回路の変更点
 3TRX-1を使用しての交信が難しくしていた要因としては、送信出力が小さい上に変調が浅いこと、受信感度が不足していたことが考えられたことから、以下の回路変更等を行いました。
・低周波増幅回路の利得を増加(送信の変調を改善)
・高周波増幅回路の利得を増加(送信出力の増加)
・利得を大きく確保できる素子への変更(送信出力増加と受信感度を改善)
・マイクを(スピーカーからダイナミックマイクに変更(送信音質および変調の改善)
・電池を外付け(移動運用時の使い勝手向上)

 ◎使用感(2021.08.08)
 2020年4月から運用を開始し、2021年8月現在、1〜,8,0エリアの89局と交信できました。毎週土曜日21:00より札幌市周辺で行われている北海道6mSSBロールコールへのチェックインに使用したほか、Es伝搬を利用した1,000km以上の遠距離交信もできました。3TRX-1での大きな課題であった変調の深さや音質については大きく改善されました。高周波増幅回路の入力コイルの変更と素子の変更により、送信出力も10mWから約50mWまで向上したことで、Es伝搬を利用した遠距離交信も3TRX-1に比べて容易にできるようになりました。

 ◎本作品に関する動画を作成しました(2022.01.23)
 本作品に関する動画を作成し、ニコニコ動画およびYouTubeに投稿しています。リンクは以下のとおりです。
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020)(第7話) - ニコニコ動画 (YouTube投稿版はこちら)
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020)(第6話) - ニコニコ動画 (YouTube投稿版はこちら)
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020)(第5話) - ニコニコ動画 (YouTube投稿版はこちら)
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020)(第4話) - ニコニコ動画 (YouTube投稿版はこちら)
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020)(第3話) - ニコニコ動画(YouTube投稿版はこちら)
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020)(第2話) - ニコニコ動画(YouTube投稿版はこちら)
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020)(第1話) - ニコニコ動画(YouTube投稿版はこちら)
トランジスタ3個でトランシーバーを作ることはできるのか?(Ver.2020) 〜 Introduction 〜 − ニコニコ動画(YouTube投稿版はこちら)

JR8DAG/菅野 正人(KANNO Masato)
TOPページへ(Back to index)

 【コンテンツ】

回路図はこちらです(2022.03.13,約29kB)

回路設計の考え方(2022.06.08)

製作にあたって工夫したことなど(2021.07.01)

【更新情報】

更新情報は最下段に移動しました

クリックすると拡大写真を表示します(約181kB)
外観の写真(exterior)
大きさ130×65×120(mm)、重量:540(g)
ケースはLEAD社のPSA-2(130×60×110mm)を使用
使用していなかったトグルスイッチに水晶の切換を割り当てている
撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintGraphic4 Pro

クリックすると拡大写真を表示します(約230kB)
正面の様子(front)
パネルの文字はCASIOのネームランドテープを使用した
撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintGraphic4 Pro

クリックすると拡大写真を表示します(約276kB)
背面の様子(back)
単4電池10本をケースの外に外付けしている
撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintGraphic4 Pro

クリックすると拡大写真を表示します(約205kB)
側面の様子(side)
側面の手回し可能なネジ4本をはずすことで、ドライバなしで水晶の交換を行える。
撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintGraphic4 Pro

クリックすると拡大写真を表示します(約313kB)
内部の様子(interior)
基板の大きさは7.5cm×10cm
右下の空いていたスペースに水晶ソケットを増設し、配線を組み替えて2ch化した
水晶の2ch化を実施するまでの内部の様子はこちら
撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintGraphic4 Pro


クリックすると拡大画像を表示します
本作品の系統図
【本作品の定格】
[共 通]
周波数 50MHz
電波型式 DSB(A3E) 抑圧搬送波両側波帯
使用半導体 2TR 1FET 5Di
電源電圧 DC 12.0〜13.8(V)(標準)
消費電流
受信無信号時 45(mA)
送信最大時 80(mA)
空中線インピ-イダンス 50(Ω)
外形寸法 130(W)×65(H)×120(D)( 単位 mm , 突起物を含まず)
重量 540(g)
局発発振方式 可変水晶発振
発振周波数 50.150〜50.235MHz、50.235〜50.330MHz、50.330〜50.450MHz
[送信部]
終段入力 13.8(V)× 10(mA) ≒ 140(mW)
出力 50(mW)
終段石 2SK439
不要輻射 -50(dB)以下
変調方式 平衡変調
[受信部]
受信方式 ダイレクトコンバージョン方式
受信感度 10dB(uV)程度 (他の無線機との比較から推測)
選択度 ±5kHz(-6dB),±10kHz(-20dB)程度


【更新情報】
2022.06.08 回路設計の考え方のページを更新
 水晶の2ch化に関する記述を追加
2022.04.19 正面の様子の写真を更新
2022.04.05 外観の様子の写真を更新
2022.03.25 水晶の2ch化を実施したことにより内部の様子の写真を更新
2022.03.14 回路図を更新
 水晶の2ch化を実施
2022.01.23 作品に関する動画を作成
2021.12.24 作品に関する動画を作成
2021.08.08 作品に関する動画を作成
使用感の記述を更新
2021.07.09 作品に関する動画を作成
2021.07.01 製作にあたって工夫したことなど のページを新規作成
2021.06.08 作品に関する動画を作成
使用感の記述を更新
2021.05.05 作品に関する動画を作成
2021.04.15 回路設計の考え方のページを作成
2021.04.04 作品に関する動画を作成
2021.03.23 正面の様子の写真を追加
2021.03.13 背面の様子の写真を追加
ページ全体の記述を修正
2021.03.03 ホームページ作成
回路図、系統図、外観、内部の様子、概要動画のリンクを掲載