6素子ラダー型クリスタルフィルター(12.0MHz) - 秋月電子通商,サトー電気(3種類),aitendo,千石電商の比較 -

2015.10.24新規作成 / 2015.12.24更新

 秋月電子通商、aitendo、サトー電気(3種類)、千石電商で購入した12MHzのラダー型水晶フィルターの周波数特性を測定しました。6素子で帯域幅を決めるコンデンサを固定し、水晶を入れ換えて計測しています。

JR8DAG/菅野 正人

スペクトラムアナライザによる計測結果へ(Back to measurement by the spectrum analyzer)
TOPページへ(Back to index)
【測定器】
 RIGOL DSA815-TG
 トラッキングジェネレーターの出力:-20dBmで計測

【参考リンク】
6素子ラダー型クリスタルフィルター(12MHz他)

【更新情報】
・2015.12.24 千石電商で購入した水晶(HC-49US)の特性を追加しました。
 【回路図】
 スペクトラムアナライザに1:4のトランスを介して計測しています。水晶とコンデンサはICソケットを使用して差し換えるようにしています。

回路図

 【実装の様子】
 ICソケットを使用して水晶とコンデンサをを交換できるようにしています。
実装の様子


 【各社の比較結果の概要】
・帯域幅は秋月電子通商とaitendoのものが少し広く、サトー電気のHC-49Uと千石電商のHC-49USが少し狭いという結果になりました。
・サトー電気のHC-49USは(A)と(B)があります。(A)が古い方(2014年頃)、(B)は新しい方(2015年頃)ですが、古い方が若干フィルターとしての特性は良いようです。
・AM用としては帯域幅は少し狭い感じですが、この3社のどの水晶を利用しても必要な特性は得られていると思います。

 【12.000MHz(秋月電子通商のHC-49US)】(2015.10.19)
 中心周波数12.0MHz、スパン幅50kHzでの計測結果です。水晶は秋月電子通商で販売されている12MHz(HC-49US)です。
計測結果(中心周波数12.000MHz,スパン幅50kHz)

 【12.000MHz(aitendoのHC-49US)】(2015.10.19)
 中心周波数12.0MHz、スパン幅50kHzでの計測結果です。水晶はaitendoで販売されている12MHz(HC-49US)です。
計測結果(中心周波数12.000MHz,スパン幅50kHz)


 【12.000MHz(サトー電気(A)のHC-49US)】(2015.10.19)
 中心周波数12.0MHz、スパン幅50kHzでの計測結果です。水晶はサトー電気で販売されているJR8DAG-2015AMで使用している12MHz(HC-49US)です。
計測結果(中心周波数12.000MHz,スパン幅50kHz)


 【12.000MHz(サトー電気(B)のHC-49US)】(2015.10.19)
 中心周波数12.0MHz、スパン幅50kHzでの計測結果です。水晶はサトー電気で販売されているJR8DAG-40AM2015で使用している12MHz(HC-49US)です。
計測結果(中心周波数12.000MHz,スパン幅50kHz)


 【12.000MHz(サトー電気のHC-49U)】(2015.10.19)
 中心周波数12.0MHz、スパン幅50kHzでの計測結果です。水晶はサトー電気で販売されている12MHz(HC-49U)です。
計測結果(中心周波数12.000MHz,スパン幅50kHz)

 【12.000MHz(千石電商のHC-49US)】(2015.12.24)
 中心周波数12.0MHz、スパン幅50kHzでの計測結果です。水晶は千石電商で販売されている12MHz(HC-49US)です。
計測結果(中心周波数12.000MHz,スパン幅50kHz)