455kHz セラミックフィルター(CFX455G)

2017.11.20作成

 CanTra6AM2017などで使用している455kHzのセラミックフィルターCFX455Gを計測しました。

JR8DAG/菅野 正人

スペクトラムアナライザによる測定結果へ(Back to measurement by the spectrum analyzer)
TOPページへ(Back to index)
【測定器】
 RIGOL DSA815-TG
 トラッキングジェネレーターの出力:-20dBmで計測

【参考:CFX-455Gの定格】
中心周波数:455kHz
挿入損失:-6dB
6dB帯域幅:±4kHz
70dB帯域幅:±10kHz
±100kHz最低減衰量:-70dB
入出力インピーダンス:1.5kΩ
【回路図】
 2段接続時の測定回路です。抵抗は入出力インピーダンスと同じ1.5kΩを使うようですが、今回は手持ちの関係で1kΩを使用しました。
回路図

 【実装の様子】
 計測に使用したフィルターの実装の様子です。
実装の様子
 【中心周波数455kHz、スパン幅100kHzでの計測結果】
 帯域幅は約9kHzとほぼ定格どおりと思われますが、減衰量は-40dBです。LT455GUに比べて減衰傾度が大きく減衰量も大きいことが確認できます。
測定結果(中心周波数455kHz,スパン幅100kHz)

 【中心周波数455kHz、スパン幅50kHzでの計測結果】
 中心周波数455kHz、スパン幅50kHzでの計測結果です。帯域幅は約9kHzとAM受信にはやや広いですが、減衰傾度は良好であることがわかります。
測定結果(中心周波数455kHz,スパン幅50kHz)

 【中心周波数455kHz、スパン幅500kHzでの計測結果】
 LT455GUで見られた帯域外での減衰量の跳ね返りはないようです。
測定結果(中心周波数455kHz,スパン幅500kHz)