Imitation of GAWANT50A

2020.02.19新規作成 / 2020.03.24更新

Tweet

◎はじめに
 本作品は、しながわハンコ倶楽部さんが製造・販売しているGAWANTを参考に製作した50MHz専用の短縮アンテナ「Imitation of GAWANT50」の2号機となります。マッチング回路を収めているケースを小さくして取り扱いがしやすくなるようにしました。名称は「Imitation of GAWANT50」の2号機ということで「Imitation of GAWANT50A」としました。

◎製作の経緯
 50MHzの1/4波長のホイップアンテナは約1.5mの長さがあります。この1.5mホイップアンテナで効率的に電波を飛ばすためには、さらに1.5mのアース線を追加することになります。野外ではこの長さでも運用は可能ですが、ホテルの運用では1m程度の窓しかないことが多いこと、また、ハムフェア会場などでの室内での使用においては1.5mのアンテナは長すぎることもあり、全長50〜60cmでアースの不要なアンテナとして1号機の「Imitation of GAWANT50」を製作しました。「Imitation of GAWANT50」を製作後、マッチング回路部分の大きさを小さくできるのではと考えて、一回り小さいケースに入れたのが本作品です。

◎概要
 使用周波数帯は50MHzとしました。14〜28MHzでの使用できるGAWANTを参考にマッチングコイルをT50-2からT50-10に、ポリバリコンはAM用260pFからFM用の40pFに変更しました。当初、2次側の巻数を8回としていましたが、全長60cmのアンテナを使用する場合、コイルの容量が不足してためかSWRが1.5〜2.0程度までしか下がらなかったため、巻数を12回に変更しています。

◎動画を作成しました(2020.03.03)
  本作品に関する動画で作成し、ニコニコ動画に投稿しました。リンクは以下のとおりです。
Imitation of GAWANT50A 予告動画(2020.03.03) - ニコニコ動画(く)

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masto)
◎更新情報
2020.03.24 アンテナをCanTra6AM2017に取り付けた様子の写真追加
2020.03.14 アンテナを折りたたんだ様子の写真追加
2020.03.03 本作品の予告動画を作成し、ニコニコ動画に投稿
2020.03.01 外観の写真を1枚追加
2020.02.19 ホームページを新規作成
回路図、外観、内部の様子の写真を掲載
TOPページへ(Back to index)
回路図
【回路図】
・50MHzで使用するためにL1はT50-10、バリコンは40pFを使用
・アンテナは縮めたときの長さ16cm、伸ばした時の長さが60cmのロッドアンテナを使用

クリックすると拡大画像を表示します(約327kB)
外観の様子
ケースの大きさ:35×50×25 (mm)、重量:70(g)
タカチで販売されているプラスチックのケース(型番:SW-50)に入れています。
撮影:Canon EOS KISS X7 画像編集:Paintgraphic4 Pro

クリックすると拡大画像を表示します(約234kB)
内部の様子
ポリバリコンはaitendoで販売しているT443IFのFM用(40pF)の1端子のみを使用した。
撮影:Panasonic DC-TX2 画像編集:Paintgraphic4 Pro

クリックすると拡大画像を表示します(約128kB)
アンテナを伸ばしたときの様子
全長60cmの7段ロッドアンテナを取り付けています。
撮影:CANON EOS KISS X7 画像編集:Paintgraphic4 Pro

クリックすると拡大画像を表示します(約275kB)
アンテナを折りたたんだ様子
全長約15cmに収納可能
撮影:CANON EOS KISS X7 画像編集:Paintgraphic4 Pro

クリックすると拡大画像を表示します(約180kB)
アンテナをCanTra6AM2017に取り付けた様子
撮影:CANON EOS KISS X7 画像編集:Paintgraphic4 Pro