430MHz QRP FM トランシーバー(JR8DAG-70FM2018) − スペクトラムアナライザの計測結果 −

2019.09.30現在

 スペクトラムアナライザ(DSA815-TG)を使用して本作品のスプリアス特性を調べました。2019年9月29日に計測した結果です。2019年2月12日に計測した不安定な状態での計測結果は以下のリンク先をご覧ください。

2019年2月12日時点の計測結果

JR8DAG/菅野 正人
JR8DAG-70FM2018の概要にもどる
 【測定条件】
・測定器:RIGOL社 DSA815-TG
・測定条件:
 電圧は10V(単3ニッケル水素電池8本)
 無変調時の状態で測定
 周波数は433.000MHz
 20dBのアッテネータを使用して入力

送信出力
 【送信出力】
 20dBのアッテネータを通しています。送信出力は約80mWです。2019.02.11計測時より出力が下がりましたが、時間経過による出力低下はほとんどなく安定しています。

0〜1500MHzの計測結果
 【高調波スプリアス】
 0〜1500MHzの特性です。第2,3高調波は確認できませんでした。高調波は-50dB以下となっているようです。

360〜490MHzの測定結果
 【360〜490MHzの信号分布】
 近接スプリアスは送信周波数の-9MHz、および+18MHzの信号が約-50dBのスプリアスとして検出されていますが原因は不明です。

428〜438MHzの計測結果
 【428〜438MHzの信号分布】
 この周波数範囲ではスプリアスを確認することはできませんでした。2019.02.11計測時は送信周波数の±1.77MHzに-55〜60dBのスプリアスが検出されましたが、今回の計測ではそのようなスプリアスは検出されませんでした。