6m QRP AM トランシーバー(JR8DAG-8Z)

1998.01.01新規作成 / 2015.07.22更新
ハムフェア89自作品コンテスト出品 / CQ誌1990年2月号掲載

 ◎ はじめに
 このトランシーバーは再現性を重視しながら、6mのAMをQRPで自在に運用することを目的として製作した50MHz QRP AMトランシーバーです。

 ◎ 本機の主な特徴
(1) 簡単な回路でありながら、周波数可変トランシ−ブトランシ−バ−である。
(2) 受信部はIF(10.695MHz) に4素子のラダ−型水晶フィルタ−を使ったシングル・ス−パ−・ヘテロダイン方式。
(3) 送信部は終段に2SC2407を使い、入力200(mW)、出力100(mW)。変調方式は終段コレク タ変調。
(4) 周波数可変には安定度の良いVXO(可変水晶発振)を使い、水晶を2個並列にしたSuper VXOにより、約170kHz幅を可変。
(5) 回路がシンプルなため小型。また、電源内蔵で持ち運びに便利。

 ◎ 回路の概要について
 受信部は2SK241を多用することで、回路の簡略化を図りながら、必要な感度を得ています。選択度の確保にはラダー型水晶フィルターを使用しました。送信部はミキサーにバランス型のICを使用し、さらに、出力にT型同調フィルターを使用することで、良好なスプリアス特性を得ています。変調方式は、終段コレクタ変調を採用し良好な音質を得ています。周波数可変には、VXO(可変水晶発振)を使用し、これを送受で共用することで、トランシーブ操作を実現しています。

 ◎ むすび
 このトランシーバーを使用して、これまでに全エリア300局以上とQSOできました。感度、安定度、選択度はメーカー機に比べ少々落ちる程度で、この程度の構成のトランシ−バ−としては十分です。混変調に対しては回路が簡単なため少々弱くなっていますが、2000年以降の6mAMには十分な受信性能であると思います。送信部の変調の音質はまずまずです。近接スプリアスは約−60(dB)以下に抑えています。第2次高調波以下のスプリススについては−50(dB)程度ですが、これはフィルターを重ねることでさらに特性をよくすることが可能です。なお、JR8DAG-8Zの回路図等については、(株)ベクターのホームページにも公開しています。

 ◎ 部品情報
 1SS99,1N60が入手しづらくなっています。1SS99,1N60 → 1SS106が使用可能です。
 10D1 → 100V 1Aの整流ダイオードが使用可能です。
 FCZコイルはサトー電気の7Tシリーズが使用できます。

回路図(1998.05.16現在)(circuit)
スペクトラムアナライザの計測結果(2015.07.22)
CQ誌1990年2月号掲載(Ver.1)回路図(2009.06.30掲載)(circuit Ver.1)
プリントパターン(printed circuit boards)
TOPページへ(Back to index)

JR8DAG/菅野 正人(KANNO Masato)

【更新情報】
2015.07.22 スペクトラムアナライザの計測結果を掲載
2015.07.11 定格の使用半導体の個数の間違いを修正
回路図のフォントを変更
2011.06.07 定格および系統図を追加
2009.06.30 CQ誌1990年2月号掲載(Ver.1)回路図を掲載
1998.08.01 回路図修正
SN16913Pの2番ピンのコンデンサ(0.01μF)が抜けていたのを修正
1998.01.01 ページ新規作成


クリックすると拡大画像を表示します(約129kB)
外観(exterior)

クリックすると拡大画像を表示します(約222kB)
内部の様子(上:送信部、下:受信部)
interior(the upper part:TX the lower part:RX)


クリックすると拡大画像を表示します
本作品の系統図

【本作品の定格】
[共 通]
周波数 50MHz
電波型式 AM(A3E)
使用半導体 3IC 5TR 7FET 8Di
電源電圧 DC 9.0(V)(標準)
消費電流
受信無信号時 55(mA)
送信無変調時 110(mA)
送信時最大 180(mA)
空中線インピ-イダンス 50(Ω)
外形寸法 140(W)×50(H)×140(D)
(単位 mm , 突起物を含まず)
重量 560(g)(単3×6本ニッケル水素電池込み)
[送信部]
終段入力 8.0(V)× 25(mA) = 200(mW)
出力 100(mW)
終段石 2SC2053
不要輻射 -40(dB)以下
変調方式 終段コレクタ変調
[受信部]
受信方式 シングルスーパーヘテロダイン方式
中間周波数 10.695MHz
受信感度 0dB(μV)程度(S/N 10dB)
選択度 ±2kHz(-6dB),±4kHz(-40dB)
[局発部]
局発発振方式 可変水晶発振
発振周波数 39MHz帯