6m QRP AM トランシーバー(JR8DAG-6AM)

2009.06.23 新規作成 / 2015.10.20 更新

 ◎ はじめに
 このトランシーバーは1987年頃、自作機で6mAM運用を行うために製作しました。本作品はある程度の動作する状態であったのですが、後継機のJR8DAG-8Z等の製作で放置されていました。今回、時代の経過等による部品の取り替えなどを行って、運用が可能な状態にしました。
 名称のJR8DAG-6AMは管理人(JR8DAG)が6台目に製作したトランシーバーという意味で、6AMは6mAMの意味もかけています。

 ◎ 本機の主な特徴
(1) 部品点数ができる限り少ない回路で6mAMを運用できるQRPトランシーバー。送受信周波数は50.620MHzの1波固定。
(2) 受信部は中間周波数455kHzのシングル・ス−パ−・ヘテロダイン方式。
(3) 送信部は水晶発振、終段の2段構成。終段は2SC2053を使い、出力100(mW)。変調方式は終段コレク タ変調。
(4) 大きさ100(W)×120(D)×45(H)(単位 mm , 突起物を含まず)。単3×6本の電源を内蔵。

 ◎ 回路の概要について
 回路は下記の文献を参考にしました。受信部はAMラジオ用のICであるLMF501を使用することで、回路を大幅に簡略化しました。高周波増幅、周波数変換は2SK241を使用することで、必要な受信感度を得ています。選択度の確保にはセラミックフィルターを使用しました。送信部は水晶発振、終段の2段構成でEsでの交信が可能な出力100mWを得ています。変調はLM386Nを使用し、出力を終段のコレクタにつなぐ終段コレクタ変調でAM変調を得ています。

【参考文献】
タイトル(内容) 文  献 備考(著者など)
6mバンド受信機(Model HT-53) モービルハム1983.6(p.68-70) 秋野 実
50MHz AM 送信機(Model HT-54) モービルハム1983.7(p.59-61) 秋野 実

 ◎ リニューアルにあたって
・プリントパターンは簡単に変えられないので、回路はできる限り当時のものを維持することとなりました。
・部品は、2SK192Aは2SK241に、2SC945は2SC1815に、電解コンデンサの1μFとセラミックコンデンサの0.1μFは積層セラミックコンデンサに変更しました。
・受信音量を大きくするためLM386Nの利得を向上させる回路変更を行いました(1番ピンの100μFと22Ω)。
・送信も変調度を高くするため、受信と同様にLM386Nの回路を変更しました。
・スピーカジャックは3.5mmから2.5mmに交換しました。外部電源ジャック、アンテナコネクタなども新しいものに交換しました。
・外観は再塗装を施しリフレッシュを行いました。
・全体的に送受信共に安定性が悪く、その改善を図る回路修正を行いました。内容は、以下のとおりです。
  受信時の発信防止のためのアンテナに1kΩを並列に接続
  受信感度を確保するため周波数変換のコイル(L2)の接続を変更
  送信時の低周波増幅の発振防止のため、電源に220μFを追加。

 ◎ むすび
 2011年5月現在、4エリアの1局と交信できています。送受信周波数が1波固定ですので、多くの交信は望めませんが、Esで他エリアと交信できる性能は持っていると思います。
 送受信性能は、その後の自作機(JR8DAG-8ZJR8DAG-2006AM)より劣り、受信は感度と選択度がやや不足、送信の音質も今ひとつな感じですが、それなりに遊ぶことができる作品であると思います。

回路図はこちらです(2011.05.28現在)(circuit)
スペクトラムアナライザの計測結果(2015.10.20現在 , 約99kB)
TOPページへ(Back to index)

JR8DAG/菅野 正人(KANNO Masato)

【更新情報】
2015.10.20 スペクトラムアナライザの計測結果 を掲載
2011.05.28 回路図修正:送信部変調器1番ピンの抵抗22Ω → 100Ω、5番ピンの出力の抵抗4.7Ω → 10Ω。
回路変更:電池使用時に送信部変調器(LM386N)の発振対策として電源ラインに220μFを追加。
2009.06.23 ホームページを新規作成

クリックすると拡大画像を表示します(約78kB)
 外観(exterior)
 (撮影:CANON EOS KissX2、画像加工:PaintShopPro6J)

 
クリックすると拡大画像を表示します(約179kB)
 内部の様子(interior)
 この当時は部品面にパターンを描いていませんでした。
 (撮影:CANON EOS KissX2、画像加工:PaintShopPro6J)

JR8DAG-6AMのブロックダイアグラム
  本作品の系統図

【本作品の定格】
[共 通]
周波数 50MHz
電波型式 AM(A3E)
使用半導体 3IC 2TR 3FET 3Di
電源電圧 DC 9.0(V)(標準)
消費電流
受信無信号時 30(mA)
送信無変調時 50(mA)
送信最大時 95(mA)
空中線インピ-イダンス 50(Ω)
外形寸法 100(W)× 120(D)×45(H)
(単位 mm , 突起物を含まず)
重量 270(g)(電池等含まず)
425(g)(単3×6本ニッケル水素電池込み)
[送信部]
終段入力 8.0(V)× 25(mA) = 200(mW)
出力 100(mW)
終段石 2SC2053
不要輻射 -40(dB)以下
変調方式 終段コレクタ変調
局発発振方式 水晶発振
発振周波数 50.620MHz
[受信部]
受信方式 シングルスーパーヘテロダイン方式
中間周波数 455kHz
受信感度 6dB(uV)程度 (S/N 10dB)
選択度 ±5kHz(-6dB),±10kHz(-40dB)
局発発振方式 可変水晶発振
発振周波数 50.165MHz(周波数を固定)