18MHz同一トランジスタ受信機(STR-181)

2003.01.15新規作成 / 2003.01.15更新
ハムフェア89自作品コンテスト規定部門優秀賞第二席
CQ誌1990年8月号掲載

 ◎ はじめに
 当時、同一のトランジスタを使用したトランシーバーを出品しようと考えていたところに、1989年の自作品コンテストの規定部門のテーマが「WARCバンド(10,18,24MHz)受信機」ということになっために路線を変更して、18MHz同一トランジスタ受信機として出品しました。
 測定データを見ると感度などの受信機としての基本性能が今ひとつだったのですが、同一トランジスタというアイディアがウケたのか、優秀賞第二席に入賞することができました。名称の「STR-181」は同一トランジスタ受信機(Same Transistor Receiver)18MHz1号機という意味合いで命名しました。

 ◎トランジスタの選定について
 同一のトランジスタで構成する受信機ではトランジスタの選定が最大の問題となります。これは、以下の点を考えました。
(1) 高周波増幅用トランジスタ
(2) 電力増幅用トランジスタは不向き

(1):RF-AMPを最重視するということであり、また、RF-AMPに使えるトランジスタのほとんどはAF-AMPにも使えるはずであるという理由からです。
(2):RF-AMPやIF-AMPのように小信号を扱う回路には大電力のトランジスタは向かないためです。スピーカを鳴らす出力は小信号用トランジスタでもプッシュプルで動作させることでも可能なので、電力増幅用トランジスタを使用するメリットはほとんどないと考えました。
 ということなので、RF-AMPを重視すると、トランジスタよりもFETの方が有利であり、以上を考えて使用するFETを2SK241GRに決めました。このFETは外付け部品が少なくて、NFが良く、プッシュプルにすると、スピーカを鳴らすのに十分な出力が得られるという目論見でした。

JR8DAG/菅野 正人
展示用説明文(約71kB)
ブロックダイアグラム(約55kB)
回路図はこちらです(circuit)
もどる(Back to index)
クリックすると拡大写真を表示します(約94kB) 外観の写真(exterior)
(大きさ140mm×50mm×140mm)
(size 140mm×50mm×140mm)
クリックすると拡大写真を表示します(約140kB) 内部の写真(interior)