木樽AMラジオ(TaruAM Radio2008)

2008.11.11新規作成 / 2016.01.20更新

◎本作品の概要
 コーヒー豆の入っていた木樽ケースを利用したAMラジオです。AMラジオの回路としてはよく見られるICを2個使用したストレート方式で、感度等はスーパーヘテロダイン方式には劣りますが、強電界地域(札幌市など)では十分な音量で聞くことが出来ます。

◎雑誌掲載情報
 CQ誌2015年4月号に本作品の記事が掲載されました。掲載情報については以下のとおりです。CQ誌の記事では、ケースへの取り付け方法について説明しています。CQ誌2015年4月号を購入して記事の内容を確認していただければと思います。

タイトル(内容) 文  献 備考(著者など)
木樽ケースのAMラジオ CQ誌2015.4(p.90-91) JR8DAG

◎本作品の概要動画を作成しました。
 本作品の概要を動画で作成し、ニコニコ動画にアップしました。リンクは以下のとおりです。
  木樽ケースのAMラジオ(TaruAM Radio2008) - ニコニコ動画:GINZA
  

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masato)
◎更新情報
2016.01.20 選択度を改善するためLMF501の入力のコンデンサ0.001μF → 100pF
2015.12.17 ニコニコ動画本作品の概要動画をアップロード
2015.03.22 CQ誌2015年4月号に本作品の記事が掲載されました。
2014.09.18 外観の写真を更新
インクジェットプリンターで印刷したシールを貼りました。
2014.03.08 回路図を修正
LEDの極性が逆になっていましたので修正しました。
2009.01.30 外観および内部写真を更新
ボリュームの位置を5mmほど中心部に寄せてバランスを修正しました。
回路に変更はありません。
2008.11.22 内部写真を追加
2008.11.11 ホームページを新規作成
TOPページへ(Back to index)
外観の写真
外観の様子:コーヒー豆の入っていた木樽ケースに入れました(大きさ100mm(最大直径)× 115mm(高さ),突起物を含まず)
インクジェットプリンターで印刷したシールを貼っています。
左のネジをはずすことで内部を引き出し、電池を容易に交換することが可能です。
撮影:CANON EOS KISS X7 画像編集:PaintShopPro6J

内部写真
内部の様子:上蓋に穴あき基板(70mm× 95mm,2.5mmピッチ)を取り付けています。
穴あき基板に回路を組み、単3ニッケル水素電池2本のケースを取り付けました。
撮影:CASIO EX-F1 画像編集:PaintShopPro6J

回路図
 回路図
・AMラジオ用ICのLMF501と低周波電力増幅用ICのTA7368Pを使用したストレート方式です。
・動作電圧は2.4〜3.5Vで単3電池2本で動作します(ニッケル水素電池等の充電池の使用も可能)。
・LMF501の動作電圧は1.5Vですので、LED(赤)を使用して電圧を下げています。
・選択度を改善するためLMF501の入力コンデンサを0.001μFから100pFに変更しました。札幌市ではNHK第2放送で他の放送局が聞きにくい状態でしたが、入力コンデンサを小さくしたことでNHK第1、NHK第2、HBC、STVが分離して聞こえるようになりました。