DSP FMラジオ(DSP FM Radio2017)

2017.05.07新規作成 / 2017.08.17更新

◎はじめに
 aitendoで販売しているDSPラジオモジュール [DSP-RADIO-M] DSP-443 with PVC-443を使用したFMラジオを製作しました。2cm四方のポリバリコンに実装されたDSPモジュールを使うことで、中波AM、短波AM、FMラジオを製作することができますが、本作品ではFMラジオ部分のみを使用しました。

◎本作品の概要
 回路図はこちらです。データシートで指定された回路のとおり配線することで、FMラジオを構成できます。受信周波数の範囲は70〜109MHzです。部品は穴あき基板に実装しています。単4電池2本は別の穴あき基板に取り付け、部品を実装した基板とプラスチック製の高ナットを利用して立体的に配線しています。
 ケースはリトルベリーズのパン詰めの缶を利用しました。

◎使用感
 小さいダイヤルで70〜109MHzを受信できるため選局がしづらいのが難点ですが、札幌市北区ではAIR-G’(80.4MHz)、ノースウェーブ(82.5MHz)、NHK FM(85.2MHz)、STV(90.5MHz)、HBC(91.5MHz)が受信できました。音質はあまり良くはありませんが、2cm四方のバリコン付きのDSPモジュールと周辺部品でFMラジオを作ることが出来るようになったことがすごいことだと思います。

◎本作品の概要動画を作成
 本作品の概要動画を作成し、ニコニコ動画にアップしました。リンクは以下のとおりです。
  aitendoのバリコンつきDSPモジュールを使ってFMラジオを作ってみた - ニコニコ動画:GINZA
  

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masato)
◎更新情報
2017.08.17 回路図を更新
 直流的なショートを防止するため、DSPラジオモジュールの18番ピンとアンテナ端子の間に0.01μFのコンデンサを追加
2017.05.15 概要動画を作成
2017.05.07 ホームページを新規作成
回路図、外観および内部の写真をアップロード
TOPページへ(Back to index)
クリックすると拡大画像を表示します(約89kB)
外観の様子:リトルベリーズのパン詰めの空き缶に入れました(大きさ 直径75mm×高さ115mm、突起物含まず,重量:1**g)
ポリバリコンやボリュームを実装した基板はプラスチックのネジと高ナットで固定している。
撮影:CANON PowerShot G9X 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します(約96kB)
外観の様子:穴あき基板とプラスチックの高ナットを使用して立体的に部品と電池を実装しています。
撮影:CANON PowerShot G9X 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します(約129kB)
内部の様子:ふたの部分に基板、バリコン、ボリューム、スピーカ、電池を取り付けています。
撮影:CANON PowerShot G9X 画像編集:PaintShopPro6J

DSPラジオモジュール with ポリバリコン(ダイヤル側) DSPラジオモジュール with ポリバリコン(反対側)
aitendoで販売しているDSPラジオモジュール [DSP-RADIO-M] DSP-443 with PVC-443 (左:ダイヤル側、右:反対側)
ポリバリコンにDSPモジュール基板が取り付けられている
撮影:CANON PowerShot G9X 画像編集:PaintShopPro6J

回路図
【回路図】
・aitendoで販売しているDSPラジオモジュール [DSP-RADIO-M] DSP-443 with PVC-443を使用しています。
・動作電圧は2.4〜3.5Vで乾電池またはニッケル水素電池2本で動作します