FCZ研究所6m AM ポケットトランシーバー(寺小屋#067)「コンサドーレ号」

#### 98 MH QRP コンテストにて105,000km/Wを達成! ####

1999..01.29 新規作成 / 2018.11.07 更新

Tweet

【本作品のの概要】
 (有)FCZ研究所(2007年廃業)で発売していた寺子屋シリーズ#067の6m QRP AMポケットトランシーバーです。下の写真の左が外観で、右が内部の様子です。
 送信部は、周波数50.620MHz1波固定の出力10mWで、変調器のICの出力を終段に直結してAM変調をかけているのが特徴です。受信部は、超再生検波のレフレックスストレート受信機です。
 本作品は受信機の選択度の悪さと送信周波数が1波のみという点から交信は難しいのですが、Es伝搬で1,759km、グランドウェーブで310km、このポケトラ同士で825kmの交信が記録されています。

【本作品の外観と内部の様子】

【ケースを赤黒に塗装し、コンサドーレ号と命名しました】
 このポケトラの外側を赤に、内側を黒に塗装したのが以下の写真で、『コンサドーレ号』と命名しました。北海道コンサドーレ札幌は北海道のサッカーJリーグ1部チーム(2018年現在)で、チームカラーが赤と黒であることから、外を赤、中を黒で塗装し、インクジェットプリンターで作成した旗とマスコットキャラクターのシールを貼りました。

 【コンサドーレ号の外観】

 【2018.11.06現在までの交信実績】
 これまでに1,4,6,8エリアの7局とQSOしました。
 1998年8月3日に4エリアとQSOしたことにより、総消費電力1Wあたり、5,308km/TotalPower、送信出力1Wあたり105,000km/Wを達成しました。また、1998年モービルハム誌主催のMH QRPコンテストにもエントリーしました。
 2018年7月14日、6エリアと交信したことにより、総消費電力1Wあたり、7,490km/TotalPower、送信出力1Wあたり148,300km/Wを達成しました。

QRPクラブ発行の1,000km/Total Power賞(約89kB)
【98MH QRPコンテストでの参加記録】
交信日時  1998年8月3日22時18分
相 手 局 JL4GTO(鳥取市)
出  力 10mW(コンサドーレ号使用)
交信距離 1,050km
km/W 105,000km/W
MH QRP コンテスト参加賞(約66kB)

 FCZ寺子屋#067は(有)FCZ研究所から7,350円(送料、税込、1997年5月現在)で販売していましたが、現在は通信販売の取り扱いを終了しています。その後はキャリブレーションで販売を行いましたが、2016年に取扱を終了しています。

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masato)

TOPページへ(Back to index)

【更新情報】
2018.11.07 ホームページ全体のページ構成を見直し、文章を修正
系統図を差換
これまでの交信実績を更新
1999,01.29 ホームページ作成(非公開)


 【本作品の系統図】
クリックすると拡大画像を表示します

【主な定格】
[送信部]
送信周波数 50.620MHz
電波型式 A3(AM)
送信出力 10mW
変調方式 終段コレクタ変調
[受信部]
受信周波数        50.620MHz
受信方式 超再生レフレックス方式
受信感度 1.0μVの信号を受信可能
選択度 ±100kHz以上(-6dB、聞き感)
[共通仕様]
定格電圧 DC 9V
消費電流 受信無信号時 1.5mA(実測)
送信無信号時  22mA(実測)
使用半導体 2FET 1TR 1IC 0Di
外形寸法 52(W)×36(D)×82(H)(mm)
重  量 140g(電池含む、実測)