6m QRP DSB トランシーバー(JR8DAG-6DSB2012)

2013.01.01 新規作成 / 2016.02.29 更新

 ◎ はじめに
 DSB(抑圧搬送波両測波帯)トランシーバーは比較的簡単な回路でSSB局と交信できることが特徴で、これまでPocket6DSB2011Micro6DSB等の作品を製作してきましたが、これまで、JR8DAG-2006AMJR8DAG-2010AMのような5年以上にわたって製作できるような標準的な回路構成の作品を製作していませんでした。そこで、本作品では、再現性、完成度が高く、自在に交信ができる実用性を確保した6m QRP DSB自作機の参考例となることをめざしました。周波数はEs交信が楽しめる50MHzとし、送信出力はQRP運用が楽しめる200mW程度をめざしました。本作品の名称は2012年に製作した6mDSBトランシーバーと言うことで、「JR8DAG-6DSB2012」としました。

 ◎ 本作品の主な特徴
(1) 大きさは190mm×150mm×70mm(突起物のぞく)、重量は単4ニッケル水素電池込みで470(g)。
(2) ダイオードのSBMを送受共用で使用し、検波と変調に利用し、良好なキャリアサプレッションを確保。
(3) 電波形式はSSBと交信ができるDSB(抑圧搬送波両測波帯)。受信はシンプルなダイレクトコンバージョン方式、送信は平衡変調で出力100mW。周波数可変トランシーブトランシーバーであり、50.150〜50.235MHzを運用可能。
(4)電源は単4ニッケル水素電池8本を内蔵。電池交換を容易にして移動運用での使い勝手を向上。
(5)FCZ基板を多用した表面実装で製作し、プリント基板作成におけるエッチング作業を不要とした。
(6)ケースに加工の容易なプラスチックケースを使用。透明なケースを使用して内部が見えるようにしている。

 ◎ 本作品の交信実績や使用感など(2013.11.15現在)
 2013年8月現在、本作品を使用して8エリア5局と交信できました。受信はノイズが多めですが、感度はメーカー無線機に比べて少し落ちるくらいで交信には十分かなと思います。送信の音質も安定している感じで、QRP運用を楽しめる実力は十分にあるかと思います。

 ◎本作品の概要動画を作成しました。
 本作品の概要を動画で作成し、ニコニコ動画にアップしました。リンクは以下のとおりです。
  6m QRP DSB トランシーバー(JR8DAG-6DSB2012) - ニコニコ動画:GINZA
 

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masto)

TOPページへ(Back to index)

【コンテンツ】

回路図はこちらです(2013.01.01現在 , circuit , 約36kB)

回路設計の考え方(2013.04.18現在)

【更新情報】
2016.02.29 ニコニコ動画に概要動画をアップロード
2013.11.15 作品の名称を他の作品と同様の命名方法に合わせる形で変更しました。
JR8DAG-2012DSB → JR8DAG-6DSB2012
本作品の交信実績や使用感などを更新
外観の写真を更新
2013.05.15 外観の写真を更新
2013.04.18 回路設計の考え方 を新規作成
使用感の記述を更新
2013.01.27 内部の写真を追加
外観の写真、使用感の記述を更新
2013.01.01 回路図、外観の写真をアップロード
2013.01.01 ホームページ新規作成


クリックすると拡大画像を表示します(約131kB)
 外観の写真(Exterior)
 100円ショップダイソーで販売しているトランク型のプラスチックケースを使用
 インクジェットプリンタ用シールに印刷したホームページのロゴ、NAMELANDで作成した文字テープを貼り付けている。
 大きさは190mm×150mm×70mm。
 撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します(約242kB)
内部の写真(Interior)
 撮影:CANON EOS Kiss X4 画像編集:PaintShopPro6J

クリックすると拡大画像を表示します
 本作品の系統図
 クリックすると拡大画像を表示します。


【本作品の定格】
[共 通]
周波数 50MHz
電波型式 DSB(A3E,抑圧搬送波両測波帯)
使用半導体 1IC 6TR 3FET 11Di
電源電圧 DC 10.0(V)(標準)
消費電流
受信無信号時 45(mA)
送信最大時 110(mA)
空中線インピ-イダンス 50(Ω)
外形寸法 190(W)× 150(D)×70(H)
(単位 mm , 突起物を含まず)
重量 470(g)(単4ニッケル水素電池8本込み)
局発発振方式 可変水晶発振
発振周波数 50.150〜50.235MHz
[送信部]
終段入力 10.0(V)× 20(mA) = 200(mW)
出力 100(mW)
終段石 2SC2053
不要輻射 -40(dB)以下
変調方式 平衡変調
[受信部]
受信方式 ダイレクトコンバージョン方式
受信感度 0dB(uV)程度
選択度 ±5kHz(-6dB),±10kHz(-20dB)程度