AMでどのあたりの周波数が使用されているのかまとめてみました。

2017.04.25更新

周 波 数(Freq.) どのように使われているか 備  考
7.195MHz 2009年の7MHzの運用周波数拡張をきっかけとして、この周波数で運用が始まった模様です。
21.390MHz AM保存会連絡周波数として過去に設定していた?
21.390〜21.450MHz 15mAMにおける運用周波数の目安です
28.215〜28.355MHz 2010年以降、この周波数でのAM運用が確認されています
下記の28.305MHzを呼び出し周波数として10kHzステップ運用しているようです
参考:JR7EQW局のHP
(10mAM運用周波数)
28.305MHz 10mAMにおける呼出周波数となっているようです
28.355MHz 10mAM QRP推奨周波数のようです
28.600〜28.850MHz 10mAM関係のコンテスト周波数
28.900〜29.000MHz コンテスト以外の10mAMはこのあたりで運用している?
28.900MHz AM保存会連絡周波数として過去に設定していました.
50.500〜50.700MHz 6mのAMはこのあたりに出ています。AMコンテストなどの混雑時は
50.900MHzまで使われることもあります.
50.400MHz 海外DX(AM用)周波数
50.550MHz 1エリア6mAMRC 毎週日曜日21:30〜22:30

※ 1998年4月12日から変更
キー局 JP1EVD
     JK1ONN
     JA1EEZ
     JH7OZQ/1 他
50.550MHz 南大阪A3RC 毎週金曜日21:00〜23:30頃 キー局 JA3XQO/3
50.550MHz 9エリア6mAMRC 毎月第2土曜日(月1回) 21:00〜21:40頃

※ 2004年1月から変更
2016年現在、実施されていないようです
50.600MHz 2エリア6mAMRC 毎週土曜日21:00〜22:30
 (2001年1月、三河地方6mAMRCから現名称に変更)
キー局 JF2QKA
     JH2INQ
     JF2HEV
     他
50.600MHz 愛知県三河地方6mAMRC 毎週土曜日21:00〜22:00
 (2001年1月から2エリア6mAMRCとなりました)
50.620MHz QRP用周波数(ご協力お願いします)
50.620MHz 新潟6mAMロールコール 毎月第3土曜日(月1回) 21:00〜
(2005年8月頃から開始)
キー局 JG0GJG/0他
50.700MHz 愛知県尾張地方6mAMRC 毎週日曜日21:00〜22:30
(2000年12月31日をもって終了し、2エリアAMRCに統合されました)

 ※2001年1月から「愛知県尾張地方6mAMRC」と「愛知県三河地方6mAMRC」が統合され、「2エリア6mAMRC」としてスタートしました。
 ※1エリアAMRCと2エリアAMRCのキー局は交代制となっています。キー局の予定については2エリアAMRCのインフォメーションなどで確認することができます。
 ※9エリアAMRCはJA9SWR局が主にキー局を担当していますが、都合により他の局がキー局を行う場合もあります。
 ※2005年8月から「新潟6mAMロールコール」が始まっています。

TOPページへ(Back to index)